CONCEPT

PLAY MOVIE
世界トップアスリート基準の商品開発

Our Misson

Anthony Katz, Founder HYPERICE,Inc

私は、これまでずっとスポーツ、フィットネス、科学へと情熱を注いできました。私自身がアスリートであった経験とスポーツ医科学を勉強したことで、健康的な体を保つこととパフォーマンスを発揮することには深い関わりがあることを学びました。そして私は、回復力を高め、怪我を未然に防ぎ、運動能力を向上させることを目的としたブランド展開に乗り出しました。

この新たなる挑戦にあたり、「疲労回復時間を短縮し、怪我を未然に防ぎ、身体をより効率的に自由に動かす能力を高めパフォーマンスを向上させる一連のツールを生み出しアスリートに提供すること」をミッションに、世界トップレベルのアスリートやトレーナーと共に彼らのレベルに見合う商品開発をスタートさせました。最初に開発した商品であるHYPERICEは、アイシング分野において最も先進的な携帯用アイシングコンプレッションデバイスで、この“HYPERICE(ハイパーアイス)”をブランド名にも起用し、世界中で1万人以上のアスリートに使用されるまでになりました。

商品第一弾のHYPERICEが、世界中のアスリートたちから支持を受けた後も、常に彼らが求めているものは何か、何に困っているかを探し続けていました。そんな中、アスリートやトレーナーとの会話で頻繁に出てきた単語は「振動」でした。ただ、振動を何にどう装着するかが課題でした。

ある日、オレゴン州立大学でいつもの様にアスリート達と交流していた時に彼らが振動台の上にフォームローラーを置いてトレーニングとリカバリーを行っていたのを見ました。はじめは「きっともう既に存在する商品だろう」と頭に浮かびましたが、違ったのです、まだ世に存在しませんでした。

そこからHYPERICE開発の時と同様にC.J.ウィルソン、オリヴィエ・ジルー、コービー・ブライアン、リンゼイ・ボン、ブレイク・グリフィンなどを筆頭に野球、サッカー、バスケットボール、スキー、アメリカンフットボールを含めたあらゆるスポーツの世界で活躍するトップアスリートの声を聞き、アドバイスを受け、共に開発を続け生まれたのが世界初バイブレーションフォームローラー VYPERです。VYPERの振動レベル、モーターの強さ、バッテリーのクオリティなど全てはトップアスリートと共にそして弊社のアドバイザーのマイク・クラーク博士の指導のもとに厳選され、選び抜かれたものです。

HYPERICE社は、今日もより完全な商品の完成を目指して多くのトップアスリートと共に世界最高レベルの疲労回復・怪我防止・運動強化を目的とした商品開発を進めています。

HYPERICE社の歩み

Our Story

2010

2010年、世界初のアイシングコンプレッションデバイスHYPERICEの開発をスタートしました。

January

HYPERICEは最先端のデザインに、冷却療法と患部への適切な加圧を組み合わせ、腫れの軽減と組織の回復の両方を効果的に可能にした商品です。独自開発のアイスセルと患部に巻きつけるラップは、冷却療法の治療効果に適切な圧を加えることで、受傷からの回復を早め筋肉と関節のパフォーマンスを高めたり、炎症を抑制し予防治療を行います。

December

HYPERICEは2つの特許を取得しました。患部に素早い伝達力で冷却し抗菌作用のある極薄のアイスセルとワンタッチで空気を抜くことができるエアーリリースバルブです。エアーリリースバルブは、余分な空気を抜くことでどのような体格にもフィットし効果的なアイシングを実現します。

2011

2011年は研究の年でした。世界のトップアスリートにHYPERICEの革新的なコンセプトを紹介しフィードバックを集め、研究開発と改良を重ね、より完璧な製品へと仕上げました。

June

創設者であるアンソニーは、HYPERICEのテクノロジーを各スポーツ界のトップアスリートへと紹介し、多くのアスリートたちが日々のトレーニグ・競技後の疲労回復、怪我の治療、身体の炎症サイクルを断つための傷害予防にHYPERICEを取り入れるようになりました。

July

Blake Griffin(ブレイク・グリフィン)やKobe Bryant(コービー・ブライアント)をはじめとしたNBA選手が初期開発のHYPERICE製品を取り入れました。

March

2010年のNFLのディフェンシブ ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーでありスーパーボウルでも2度のチャンピオンに輝いたTroy Polamalu(トロイ・ポラマル)にもHYPERICEのテクノロジーを紹介し、直ぐに彼もHYPERICE製品を取り入れました。

April

創設者であるアンソニーは、NBAオールスターでありMVPを受賞したLebron James(レブロン・ジェームズ)にHYPERICE製品のフルラインナップを提供しました。

2012

2012年、HYPERICEの最終形がついに完成しました。現在では、プロアスリートからスポーツ愛好家の方にまで幅広く愛用されています。

February

NBA ロサンゼルス・クリッパーズのフォーワード、Blake Griffin(ブレイク・グリフィン)がHYPERICE社に投資し、最初のHYPERICE契約アスリートとなりました。

April

Lebron James(レブロン・ジェームズ)が試合後にHYPERICEの肩用のアイシングを装着していたところが、“ESPN THE MAGAZINE”(アメリカのスポーツ雑誌)に掲載されました。

June

2012年ロンドンオリンピックのアメリカ代表 女子サッカーで正ゴールキーパーをつとめたHope Solo(ホープ・ソロ)がHYPERICE社に投資し、HYPERICE契約アスリートに加わりました。

July

HYPERICEのウェブサイト運営をスタートさせ、HYPERICE製品のフルラインナップを販売できるようになりました。

July

NBA サクラメント・キングスのRudy Gay(ルディ・ゲイ)がHYPERICE社に投資し、HYPERICE契約アスリートに加わりました。

October

HYPERICE社が、高強度の振動を伝える振動機能付きフォームローラーを設計し、製品化できるかの検証をはじめたのが、この時です。業界最高の振動を発生するモーター(3段階の振動スピード調整)、高品質の充電式リチウムイオンバッテリー、デジタル回路、そして環境に優しいローラーを使用して製造する計画を立てました。

2013

HYPERICEのテクノロジーがアスリートの治療計画にとって欠かせないものとなっていました。Blake Griffin(ブレイク・グリフィン)やAdrian Peterson(エイドリアン・ピーターソン)のように身体に大きなストレスをかけるトップアスリートにとって、効率良く疲労回復できることが非常に重要だったからです。

January

“Sports Techie”(アメリカのスポーツウェブニュース)に「Blake Griffin(ブレイク・グリフィン)がHYPERICEのアイスコンプレッションテクノロジーを支援!アスリートのトレンドに」と特集記事が組まれました。

May

アメリカンフットボール選手 ミソネタ・バイキングスのAdrian Peterson(エイドリアン・ピーターソン)がHYPERICEに投資し、HYPERICE契約アスリートに加わりました。

June

創設者であるアンソニーは、NBAで5度チャンピオンとなったKobe Bryant(コービー・ブライアント)に会いに行き、アキレス腱を断裂し手術を受けた彼のためにHYPERICEをカスタマイズしました。

2014

HYPERICE社のコンセプトである“疲労回復と運動強化技術”を研究推進するスポーツ医科学チームを結成し、本格的に世界初の高強度の振動を伝える振動機能付きフォームローラーを開発し始めました。

February

Fusioneticsの創設者・NASM-PES考案者として、運動能力とスポーツ医学界の世界的リーダーであるDr.Mike Clark(マイク・クラーク博士)が、HYPERICE社のスポーツ医科学チームを率いるアドバイザーとなりました。人間動作の最適化やリハビリテーションにおいて博士の最先端技術が取り入れられました。

February

HYPERICEはドイツのミュンヘンで行われるISPOで“Global Brand Of The Year”を受賞しました。ISPOはアウトドア、スキー、アクションスポーツ、競技スポーツ、ヘルス&フィットネス・スポーツ用品、素材など最新の商品を紹介しており、110か国から80,000人以上が訪れる世界最大級のスポーツ用品展示会です。

April

バンクーバー冬季五輪アルペンスキー女子滑降で金メダリストのLindsey Vonn(リンゼイ・ボン)選手がHYPERICEに投資し、HYPERICE契約アスリートに加わりました。

June

VYPERは、3段階の振動スピード調整機能と、電気自動車のTeslaと同じバッテリータイプの充電式リチウムイオンバッテリーを搭載し、アウターロールには環境に優しいドイツのBlackRoll社を採用した、フィットネス・パーフォマンスアップ・疲労回復のための最適な振動を体に伝えられる世界初の製品です。圧力と振動の組み合わせにより疲労回復、柔軟性・可動域向上の効果があり、怪我を未然に防ぎ、運動能力を向上させます。

July

HYPERICE社は、VYPERをトップアスリートらが推薦する革新的なフィットネス&リカバリー製品であるとして、キックスターターにてクラウドファンディングによる資金調達を開始しました。

July

NBAのLebron James(レブロン・ジェームズ)とDwayne Wade(ドウェイン・ウェイド)が膝用のHYPERICEを装着し、“SportsCenter”(アメリカのスポーツ情報番組)に登場したことが話題となりました。

August

キックスターターで目標の10万ドルの資金調達をHYPERICE社が達成したことをForbes(世界有数の経済誌)が伝えました。これにより最終的には1,084名の支援者がHYPERICE社のVYPERに27万1,524ドルを投資してくれました。

2015

2015年、HYPERICE製品のラインナップとVYPERが“Men’s Fitness”,“ Shape”,“ Cosmopolitan”,“ Men’s Health”,“ Muscle and Fitness”,“ Women’s Health”,“ ESPN”,“ Inc.”といったアメリカの著名な雑誌に次々と掲載されました。これらメディア露出が後押しとなり、HYPERICE社はスポーツ医科学チームやアスリートとの契約をさらに拡大させることができました。

January

HYPERICE社は、VYPER, HYPERICEに次ぐ、より効果的な新商品の開発へと注力します。HYPERICE社は“疲労回復と運動強化技術”の分野をリードするブランドとして世界的に認知されるようになっていました。

April

Inc.(アメリカで起業家向けに作られている月刊誌)がHYPERICE社に関する特集記事を7ページ掲載しました。タイトルは「この起業家はどのようにしてBlake Griffin(ブレイク・グリフィン)やLeBron James(レブロン・ジェームズ)を射止めたのか。HYPERICE社の創設者アンソニーは自分の経験した怪我の痛みから発想し、今日では世界中のアスリートに使用される疲労回復ツールを誕生させた。」

August

アリゾナ・カーディナルスのフットボール選手、Patrick Peterson(パトリック・ピーターソン)がHYPERICEに投資し、HYPERICE契約アスリートに加わりました。「HYPERICEブランドのラインナップを使用し始めてから柔軟性が向上し全体的な運動能力も回復しました。私はこの体験から、なんて素晴らしい企業だろうと、HYPERICE社の掲げる“アスリートや一般の方の運動機能改善を支援する”というミッションに加わりたいと思いました。私は素晴らしい企業の株主となり、みんなが健康な生活を送るための手伝いができるのですから、私にとってもHYPERICE社にとってもとても良いことです。」

October

最新の振動機器RAPTORを発表しました。ロサンゼルス・レイカーズのアスレティックトレーナーであるGary Vitti(ゲイリー・ヴィッティ)は「RAPTORはトレーニングルームで短時間でより効果的な治療を行うための新しい基準となるでしょう。」とコメントします。

November

多くのプロアスリートたちからのフィードバックを受け、HYPERICE社は部分的な治療と持ち運びに理想的なサイズの球体に振動を組み合わせたHYPERSPHEREを発表しました。直径12.7cmのボールの中に振動機能が搭載できたツールはHYPERSPHEREが世界初です。

2016

HYPERICE製品がアメリカだけでなく、様々な国のトップフィットネスセンター、トレーニング施設、プロのスポーツチームに導入されるようになりました。リサーチとフィードバックを通じて、HYPERICE製品の効果的な使用方法が学べる教育プログラムの立ち上げも始動させました。

March

ユーザーが簡単にHYPERICE製品の効果的な使用方法を学べる「Solutions by Hyperice(英語版のみの公開)」をYouTubeにて公開しました。Solutions by Hypericeは、HYPERICEのテクノロジーを利用し多くのお客様にとって価値のあるエクササイズを紹介しています。

March

HYPERICE社は国際ビジネス路線を拡大し、世界50各国以上でHYPERICE製品が販売されるようになりました。

June

HYPERICE社はアメリカ全土でトレーニングツアーを実施しました。Equinox, Crunch Fitness, Lifetime Fitness, UFC Gym, EXOS, Blinkなどのパートナーと協力し、トレーニングメニューにHYPERICEのテクノロジーを組み込みました。

July

HYPERICE社は競技スポーツとして毎年、世界大会を開催している2016年のクロスフィット・ゲームズに招待され、アメリカで10,000軒以上を数えるジムをもつクロスフィットマーケットにHYPERICEのテクノロジーを浸透させることができました。

August

アメリカ国内では、200以上の大学・プロチームが“フィットネス療法”にHYPERICE製品を取り入れるまでになりました。

September

“Inc. 500”(成長著しいアメリカの企業のトップ500のランキング)において、HYPERICE社が成長率3300%で96位に表彰されました。

September

Inc.(アメリカで起業家向けに作られている月刊誌)にて2016年の最も革新的な5社の企業の1社にHYPERICE社が選ばれました。

October

VENOMを販売開始しました。VENOMはタッチパネルで操作できる、熱の力と振動を組み合わせて腰痛を緩和させる新製品です。腰痛を持っている方に合わせて設計しており、腰のウォーミングアップ・筋を緩め・リラックスさせることにより最適な緩和ができます。

下記の入力フォームに必要事項をご入力のうえ、送信してください。

会社・団体名
お名前必須
郵便番号
入力後に住所が自動入力されます
住所
ビル・建物名
電話番号必須
Eメール必須
お問い合わせ内容必須
プライバシーポリシー

株式会社ノースラン(以下「当社」)は、お客様に関わる個人情報の適切な取り扱いを重要な責務であると考えております。そのために、以下のとおり個人情報保護に関する方針を定め、あらゆる個人情報を正しく利用するとともに、その安全管理に努めてプライバシーの保護を行います。

  1. お客様に個人情報の提供をお願いする際は、その利用目的を明らかにし、お客様の同意をいただきます。
  2. お客様の個人情報は、当社の商品・サービス及びそれに関連する情報をご提供する目的以外には使用いたしません。
  3. お客様より承諾をいただいた場合や正当な理由があるときを除き、お客様の個人情報を当社の関連会社をはじめ、第三者に提供、開示などは一切いたしません。
  4. お客様が提供された個人情報の開示、訂正、利用停止、削除等を求められた際は、そのご請求がお客様ご本人によるものであることが確認できた後に、適切な範囲内で速やかに対応いたします。
  5. 個人情報保護に関する法令、その他規範、ガイドラインを遵守するとともに、お客様より提供された個人情報は、適切かつ安全に管理いたします。
  6. 当社は以上の方針を改定することがあります。その場合は、その全てを当社のホームページにおいて通知いたします。
Go to Top